浮気調査

浮気調査探偵ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、超リーズナブルなコストテーブルやポッキリ価格で請け負う業者が増えてきました。

 

 

 

そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあるので、正式に契約してしまう前に納得できるまで説明を聞き、請求トラブルにならないよう気をつけましょう。

 

 

 

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても気がひけることでしょう。

 

話を聞いてもらうときに本名を名乗るのが不安なら、匿名相談でもオーケーという業者も少なくないですし、最初に匿名で話をさせてもらい、良さそうな事業者であれば、そこで自分や対象の個人情報などを明かすといいでしょう。奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでもしばしば見かけたりします。

 

 

ときには「素人探偵」が活躍したりもして、真似くらいはできそうな気がしますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、難易度の高いワザです。

 

先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、プロに任せるのが一番安心です。特に不倫調査なんて要らないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、出会いがない現場だろうと用心すべきです。

 

出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、浮気調査を探偵にしてもらえば、早くに不安感を解消できますし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは違いがありません。共によく扱うのは、離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、浮気の証拠が不可欠です。もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。
また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際もきっと役に立つはずです。普段は無縁な探偵社ですが、詐欺のようなタチの悪い会社があるのが現実です。

 

 

評判をよく調べ、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。

 

例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。調査に要する時間と代金は、納得いくまで説明を聞いてから契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。

 

探偵も企業である以上、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。

 

 

調査員が行う作業いかんでコストテーブルも変わります。
追跡して行動を窺うような調査だと、ある程度まとまった時間を要します。日時をどのように区切って依頼するかによって料金は変わりますので、調査が長期や長時間になれば必然的に費用は多くなります。もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、相応の支出は覚悟しておきましょう。
探偵業務にかかる費用は、浮気調査を例にとると、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいはかかるとみておけば間違いありません。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、何を依頼するにも50万から60万くらい用意しておけばとりあえず安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫の浮気が心配で探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。話に出てくる探偵というのは単純で、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。
しかし、実際には相手や周囲に気取られないよう追跡したり写真を撮影することは、難易度の高いワザです。調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。

 

非嫡出子でも認知を求めることができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。
認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。

 

すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、裁判になることもあります。つまり子供ができてからでは遅く、その前に浮気をやめてもらわなければいずれ大きな金銭的負担を被る危険性があります。
私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。

 

証拠を押さえるためにはそれなりのワザとカンを不可欠だと思います。

 

 

それに、思いがけない展開でも、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。
浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼人を推定しやすいということからも、常に細心の注意を払うことは言うまでもありません。興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、会社の規模によるところも大きいです。

 

全国規模でフランチャイズ展開している会社は、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。

 

規模の大きなところは調査員はもちろん内勤の相談員などの指導育成が徹底しており、それは仕事の成果に反映されてきます。調査会社が探偵業務で使用する道具というと、以前は発信機でしたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、昔の発信機と違ってターゲットを見失う危険性が減りました。

 

最近の高性能GPSというのは正確で、よほど電波の届きにくいところでなければ対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。GPS を取り付けることができれば追尾の成功率はグンと上がるのです。
不倫調査を頼む際は、どんな目的でどのような調査をしてほしいか決め、事前によく話し合っておくことが大事です。

 

 

たとえば、パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。
何を目標にするかによって探偵の調査内容に違いが出てくるわけですから、大事なことです。興信所の仕事と聞いて、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。

 

 

 

ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう追跡しながら、不倫等の証拠を押さえることです。
調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、追跡する側はターゲットの行動を予測しておく必要があります。
予想しえないことに備えて動くのが、探偵の業務です。
相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。

 

 

探偵調査業を始めようと思うなら、特殊な免許資格は要りません。
そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出を行い、探偵業届出証明書の交付という許可を受けることだけは省略できません。野放しというわけではないのです。

 

探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないということはないです。老舗探偵社や興信所大手などでは、代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。明細書の記載に配慮したところも多いので、調査会社を使ったことが配偶者にバレる心配も要らないでしょう。
カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。

 

 

 

興信所を使うときの代金はまちまちで、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくるケースも見られます。調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、必ずしも比例するとは言い切れません。高いお金を払って、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったなんてことにならないよう、あらかじめ標準的な費用についておさらいしておくべきですね。
素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で行動調査を行っていることもあります。

 

尾行や張り込みはもちろん、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査をするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。
それに、あくまでも企業秘密で、依頼者にも開示しない調べ方があるとも言われています。「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不倫の対価は高くて当然です。

 

もっとも、パートナーの対応によっても変わるでしょう。
しかし、単純に離婚されるだけではなく、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。不貞行為が明るみに出れば、相応の代償を払って償いの生活を送る羽目になるのです。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。
少し手間でもネットを使えば、各探偵業者の利用者のクチコミを知ることができるでしょう。

 

 

 

土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で満足度の高いところを選んで、依頼すれば、少なくとも悪い仕事はしないはずですし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、金銭面で揉めたパターンもあります。先に見積もってもらった金額に高額なオプションが付加されたり、契約を破棄したいというと、キャンセル料をとられることがあります。トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認するのが必要だと思います。

 

そのときの説明で納得がいかなければ、新しく業者を見つければいいのです。
相手の不貞行為が判明した場合は、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。
だいたい不倫行為は、やったほうが悪いのです。

 

 

 

メンタル的には慰めにならないかもしれませんが、これまでの精神的な苦労への慰謝料を要求するのは当然のことです。探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、浮気を止めることができたとしても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。
連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、メール履歴などでまた浮気をしている事実が発覚するのです。そもそも前の浮気時の対応が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が不可欠です。

 

 

不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。

 

不倫相手を特定してから3年間、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年と規定されており、それ以後は時効です。時効が迫っているときは慰謝料請求訴訟を起こせば、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。期限まで間がないときは、裁判を起こすことも選択肢に入れてみましょう。調査業務で探偵を雇うときは、さしあたっては電話をかけましょう。実際に相談員と話して、さらに話を詰めたいと思ったら、営業所に行きます。
そこで契約に必要な説明を聞いて、依頼するという段取りになったら契約し、調査員へのGOサインが出されます。
不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加で料金が必要になることもあるようです。ただ、普通は契約書に、別途料金を請求することについてはっきり書かれているはずです。

 

 

 

したがって契約書にはよく目を通して理解しておくべきでしょう。
よくわからないことがあれば、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが怠らないようにしましょう。不倫は家庭も人も壊します。そのような中で傷ついた人の心理カウンセリングを行う機関があります。
プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。

 

不倫という許しがたい理由で相手と別れても他人を信用できなくなったり、将来に対して消極的に考えてしまうような人も少なくないです。それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。

 

当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。許しがたい不貞行為を野放しにすることはできません。

 

浮気の裏付けをとる方法は定番なところではケータイチェックでしょう。

 

メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。
配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。
ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、気付かれるような可能性はまずないといって良いでしょう。

 

 

また、意外なところでは、調査を依頼したことで依頼者の態度が普段と変わってしまい、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。

 

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、いつもと同じように生活するようにしましょう。

 

不倫関係を精算したきっかけで最も多く、説得力があるのが、パートナーにバレたからというものです。

 

 

 

そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことは難しく、気分的にも良いものではありません。

 

どうしたって探偵事務所や興信所等に不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらう方が、確実性があるというものです。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、一番近いところにいる人でなければできないことです。探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありません。前もって企業情報や利用者の評価などを調べることが不可欠だと思います。

 

 

 

悪質なところだと、請求される料金の明細が不明確だったり、手抜き調査や報告書作成ミスなども見られます。利用者評価の高い探偵業者であれば、悪質な請求をつきつけられる可能性もありませんし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、格安価格を売り物にしたり、一律価格を謳う会社が増えてきました。とはいえ、オプションがついたりすることもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、もしそこに依頼するなら、価格や内容をよく確認し、あとで後悔することがないようにするべきです。

 

W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが少なくありません。
そこから相手に後ろめたさを感じるようになったり、先のない不倫という関係に愛想がつきるということもあるようです。

 

また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、今までの罪の意識も手伝って、別れを切り出すきっかけになるのです。

 

探偵や興信所の調査員になるには特殊な資格は不要です。

 

 

 

ただ、不貞行為の調査などで成果をあげるには、慣熟したスキルというものが必要です。

 

そういった教育に配慮がないところでは、1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともあるみたいですから、格安というところは注意したほうが良いでしょう。
価格に見合った技能を持った探偵が調査することがお金も時間も無駄にしないコツです。念願だったパートの仕事。
子供が10歳になったのを機に始めたのですが、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。子供ができてから今までの間、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、外出、電話、メールが増えて、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するということになってしまいました。
今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、今回が初めてというわけではないようです。入籍する前から何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。

 

 

今さら知りたいとも思いませんが、浮気は男の甲斐性ですか。それってどうして直らないんでしょう。謝られてもこれから一緒にいる意味がありませんし、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。事務所に相談に行った際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは注意したほうがよいでしょう。一度断ったのに、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは、悪徳業者にはよくあることです。

 

誠実な探偵業者はけしてそのような行為はありません。
探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。
とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。

 

 

ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域を頭の隅に置いて、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。

 

 

ある程度の選別ができたら相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、相談しましょう。とにかく話を聞いてみなければ、安心して任せられる業者かもわからないですからね。浮気の定義は、その人の倫理観によっても違うでしょう。自分以外の異性に優しくしたとか、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気扱いする人もいますからね。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為と認識されます。

 

結婚生活に波風を立てないためには、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりはするべきではないです。不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と性的関係を持つことをいいます。
もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料の支払いを求めることができます。

 

興信所に調査を依頼し、不倫の裏付けをとってもらい、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つという手もあります。

 

配偶者の浮気がわかったら、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。ただ、当人たちだけで話し合うと、意地の張り合いになり、話がややこしくなりがちです。もめ方によっては訴訟になる場合もあるため、弁護士を頼んでトラブルにならないよう交渉してもらうというのも手です。
以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。3社ほど問合せして、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいるところに依頼しました。しばらくして報告書を受け取ったのですが、あれだけの証拠を目の当たりにすると、のどの奥が固まるような気分でした。

 

調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。
肝心の支払いについていうと、全国展開しているような大手だとクレジットカード払いやローンでの分割払いOKという業者もあります。
すぐにでも浮気調査をしてほしいのに支払いでためらっているのであれば、このような精算方法に対応している業者を見つけると機会を逃さなくて良いですね。探偵業者に調査を依頼する場合、平均的な価格に関する知識が不足していると、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。2時間で2万円台あたりを予想していると良いでしょう。

 

 

 

仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用負担は増えるだけですから、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。

 

SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、SNSから浮気が露見してしまうというパターンも多くなりました。

 

 

 

パートナーが以前に比べ頻繁にSNSをチェックしたり、こそこそ更新していたら、不倫相手と連絡を取り合っていると疑ったほうがいいかもしれません。
SNSに関わる相手の態度というのは、不倫の有無を判断する好材料と言えるかもしれませんね。

 

 

個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査を頼むことはできないので、信頼性の高い会社でなければなりません。

 

オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、意図しないトラブルとなる危険性も考えなければいけません。そんな状態を避けるために、あらかじめ情報集めをして、変な業者はふるい落としておくことが大事です。浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。実際、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。町内会や仕事先。

 

子供や自分の習い事。人妻だって出会う機会なら色々あり、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

 

近年、浮気する女性の数が伸びてきているせいか、旦那様側が探偵に相談するケースも以前ほど珍しいものではなくなってきました。

 

 

 

探偵に依頼される案件のほとんどは、浮気調査です。挙動不審なところがあるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠の精確さが大事ですから、探偵に依頼するのがおすすめです。

 

探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は興信所や探偵社ごとに変わってきます。

 

 

 

ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、あらかじめ複数の業者で調査費用の見積りを出してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、効率良く調査できるので、調査費用として払うお金も少なくて済みます。興信所と探偵。

 

 

 

実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も変わりがありません。

 

相手方の不倫を理由に離婚するなら、あきらかに配偶者が不倫したという証拠が是非とも欲しいところです。しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際に有効です。社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。

 

しかし、もしバレても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのようにクビにするというのはできないのが現実です。

 

 

そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるというところに抵触すれば解雇もないわけではありません。

 

実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処分といえるほどのものはなく終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。浮気調査というものは、調査する相手と親しいほど調査していることに気づかれやすい上、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も想定しておかなければいけません。その道の専門家である探偵なら、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、依頼者自身で尾行の真似ごとをするよりずっと効率良く素行調査や裏付けがとれるはずです。トラブル回避のためにも利用をお勧めします。もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、相応の額が必要です。
だいたいの費用ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、3日で12万ないし14万くらいを見込んでおくといいと思います。
請求は調査内容や調査期間で変動するものの、たいていの調査であれば、数十万程度と見積もっておけば充分だと思います。

 

パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。

 

その際、証拠となるものは、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。
自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を得るのは困難でしょうから、その道のプロである探偵を利用することも検討すべきです。

 

配偶者の不倫行為により、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。一例を挙げると、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。
近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として採用されることも多くなりました。興信所といっても、知らない会社に相談するのはちょっと気がひけますよね。話を聞いてもらうときに本名を名乗ることに抵抗を覚えるというのであれば、実名を伏せた相談に対応している業者も少なくないですし、そういったシステムを利用し、これなら良さそうだと判断できたら、個人情報を明かすという方法もあります。

 

パートナーが浮気をしている気配があって初めて探偵業者を利用しようというときは、価格の安さが気になりますよね。
ただ、理由もなく安い場合は用心にこしたことはありません。

 

 

やはり安かろう悪かろうという例もあるわけですし、正式に依頼してしまう前に、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。